大人になったら、好きがわからなくなった

アンパンマンとかセーラームーンとかウサギとかネコとか、小さい頃は、みんなが好きなものが好きだと思えていた。大人になってみたら、みんなが好きじゃないものを好きだと言うようになった。どちらも本当にそれが好きなのかと聞かれたら全く自信はない。

 

小さい頃、私はいつでも主人公が好きで、だけどいつでも、アンパンマンよりバイキンマンが好きだと思える子に憧れていたし、月野うさぎと同じ髪型をしながら、「パラパラが可愛い」と小さなキャラクターを見つけられる感性に嫉妬していた。それは、「みんなと一緒」であることの安心感が、私に好きという幻を見させていたのかもしれないし、ただ単純に私は主人公にちゃんと目を向けられて憧れられる、大人にとって扱いやすい平均的な感性を持っていただけなのかもしれない。

 

どこにでもいる子になりたくない子ってどこにでもいるよ。と坂元裕二は言っていた。やっぱり私もどこにでもいる子になりたくないから、大人になって、主人公を好きかもしれない思う気持ちに気づかないふりをして、それが私の個性だと言わんばかりに主人公以外の名前の横に好きという文字を繋げる。センターで踊るアイドルに叶わない小さな一目惚れをしながら、テレビに数秒だけ映る後ろで踊る子の可能性を見つけて、ホッとしている。

 

でも、どうやら多分私は、主人公が好きな平均的な感性の持ち主で、月野うさぎ前田敦子平手友梨奈佐藤勝利平野紫耀もやっぱり好きで、いつだって目を向けてしまうのは、立ち位置0で、他のみんなに背中を見せているその子たちなのである。

 

私は鈍間で鈍臭かったから、50m走は本気で走って13秒で、マラソン大会は毎回圧倒的にビリッケツで、ゴールする頃には閉会式終わってるレベルで、そんな私は他人の背中ばかりを見るしかなかった。だから、「背中を見せる」ということに、どうしようもないくらい不安と憧れがあって、それができる人に、それをするしかない人に、尊敬と心配ばかりが積もっていく。だけど、同時に「背中を見るしかない」後ろの人たちにも、感情移入してしまうから、いつかの背中ばかり見ていた自分を重ねてしまうから、私はいつだって、好きが増えていく。

 

みんな大好きだと言ってしまえば、全てが丸く収まるのだけれど、それでもやっぱり特別を作りたいのが、人間のしょうもないところで、私のしょうもないところだ。特別だと決めた人を特別だと声に出すくせに、他の人に浮気しそうになったり、「みんなと同じは嫌だ」とか思ったりして、好きがどんどんわからなくなる。特別はやっぱり私だけの特別であって欲しいという束縛力が妄想力へと進化し、毎日よくわからない非日常な世界へ迷い込んでは出口がわからずに、いつでもお花畑にいるかのように口角ばかりが上がっている。なのに特別は本当に特別なのかもわからない。

 

私はいつだって、自分にも恋する気持ちにも自信がない。

いつか当たり前にすると思っていた恋は、全然当たり前になんかやってこないと知る。

 

 

ほんとしょーもない(言いたいだけ)

まだまだだな私。

 

「花のち晴れ」9話感想。それさえなければ良かったのに(ネタバレちょっとあり)

愛莉「私、音と晴推しだから」

 

私もです。愛莉さん。


神推しすぎて、「そんなの一択だろ!好きな女を信じろよ!!!!!」から「とられるぞ!!!こいつを一番に考えろよ!!!」のシーンをドラマ見終わってから、オンデマンドでも10回はエンドレスリピートしましたもの。今日も帰ったら見るつもりですもの。

 

音ちゃんのことわかりまくってる晴、かっこよすぎだし、
近衛のことまで理解しちゃう晴、優しすぎだし、
黄色い旗持って横断歩道渡る晴、可愛すぎだし、
何と言ってもバックハグからの「1分だけ…」のセリフ、切なすぎ。
思わず目をそらしてしまったわよ。ガン見したいはずなのに、何度もそらしてしまったわよ。どうしてくれようか神楽木晴よ…てゆうか平野氏、演技力あげたな…

 

 

ああもう! 
「めぐりんと付き合ってる」っていう設定がなかったら、
今週の晴は10点満点だったのに!!!!!!!!パパが満点あげないなら私があげるのに!!!!!!!!!

 

 

 

はあ…

 

 

 

何はともあれ

来週は西門さんが出ますってよ。

どんな絡みがあるか楽しみです。

花男を1から見たくなってきた。

 

 

 

映画「ピンクとグレー」感想。これが書けるって、ジャニーズは闇が深いと思った。(ネタバレなし)

今、話題の人。NEWSの加藤シゲアキくん。

週末は1本の映画をTSUTAYAで借りて観るようにしている。

 

それでも私はあなたを応援するよ。
という意味を込めて、今回はこの映画を選んだ。

 

 

 

 

 

この映画は
才能があって、器用に俳優として売れていくゴッチと
対照的に不器用にエキストラ役ばかりをしているリバちゃん
の2人について描かれている。

多分、加藤くんはどっちも自分なんだと思う。

デビューして活躍してるのだからゴッチにもなれるし、
以前NEWSとして一緒だった山Pとかと比べちゃうとリバちゃんでもあると思うし。

だからこれが書けたんだと思う。
ジャニーズという男ばかりの大きなグループに属しているから、
男同士のたくさんの嫉妬や劣等感、そして優越感を知っているのだと思う。

やっぱりジャニーズは闇が深いと思ってしまった。

 

そして、主演を演じている中島裕翔くんも
同じHey!Say!JUMPの山田涼介くんとかと比べてしまうのだろうと思うし、
菅田将暉に勝てない演技力が、この映画のテーマをそのものを語っているかのようだった。

 

「羨ましい」と思わせるものは、人の背中についているんだと思う。
自分の背中はいつまでたっても見えないから、「自分には何もないんじゃないだろうか」と自己嫌悪に陥って、「他人を羨ましい」という気持ちだけが、なかなか止まない雪みたいに静かに積もっていって、「自分はダメだ」と思ってしまう。
だから、みんな「自分」を諦めて、「大人」という名の嘘の塊で身を守る。嘘の笑顔で誰かの隣に座り、嘘の言葉で居場所を作り出す。そこには本当の自分なんかいないかもしれないのに、これでいいのだと自分の気持ちに魔法をかける。
でも、どんなに弱い自分を見つけてしまっても、どんなに嘘で守ろうとしても、人は自分の可能性に夢を見ている。嘘偽りのない本当の自分で、どこまでだって行けるのだと夢見てる。それは夢なんかじゃなくて、背中についているはずの見えない翼は、きっとどこにだって連れてってくれるはずなんだ。
リバちゃんを見て、そんなことを考えた。

 

 

芸能界の闇と言える場所が登場するのだが、
「やっぱりこのような場所が本当にあるのか」と考えるより、
「これをなんで書こうと思ったのか」を考えることの方が私には怖かった。
芸能界とうんと離れた場所にいる私には、芸能界って汚れているイメージが、やっぱりあって、加藤くんはそういうイメージを「その通りだよ」って言ってるわけで、それをあんなにも真っ直ぐに伝えられることが怖い。「助けて」と聞こえる気がして怖い。私はそこから誰も助けてあげられないことにまた絶望するしかない。

 

 

アイドルたちのキラキラした笑顔の奥で、その瞳は「もう汚いものなんか見たくない助けて」「どうか本当の僕を必要だと言ってくれ」と泣いているのではないかと、悲しくなって、映画見終わった後、何時間も呆然としてしまった。

 

 

 

ピンクとグレー (角川文庫)

ピンクとグレー (角川文庫)

 

 

今度、小説も読んでみたい。

「花のち晴れ」を1話から8話まで見て思うこと。音ちゃんがよく分からない。マジで分からない。

色々と突っ込みどころ満載なドラマ「花のち晴れ」。
1話から感想を。

 

1話。

え?肉?????
なんで肉で殴ろうと思ったの?
音ちゃん、庶民なのに、食べ物を粗末にしちゃうの?
まさかの不思議ちゃん設定?
え、晴がヘタレ道明寺設定なら、
音ちゃんはポンコツつくし設定?

なにそれ。かわいい。期待値大。

 

 

2話。

そうです。それは恋です。
ああ、寝込んじゃう晴かわいい。

 

 

3話。

「やばい。死ぬほど嬉しいんだけど」
って布団に潜りこんじゃうの…
顔見るなとか…
なんでそんなにかわいい台詞言えるの…天才?
俺のもんじゃ!…え、アドリブ?天才?

 

 

4話。

愛理かわいい。
なにこの子、天使?天使なの?

 

 

5話。

ただのヤッ子さんだよ?
なんでそんなに嬉しそうにしてるの。
音のこと好きすぎじゃん…
なにその笑顔…可愛いああもう可愛い。

 

 

6話。

なんで男2人でコヒーカップ乗ってるのw
おばけ屋敷も2人で行っちゃうのw
無邪気か。可愛すぎか!
か わ い す ぎ か !

 

 

…待って。
私、「かわいい」しか言ってない(語彙力)

 

まあ本当に可愛すぎるんだ。しょーがない。

 

 

さて、物語も後半に入ってきました。
これからどうなるかな?

 

 

音「私のこと好きなの?」

 

え、待って?
音ちゃん?
なんで晴の部屋にいるの?
なんでそんな台詞言っちゃうの?
どうしたの?やっぱり不思議ちゃん設定だったの?

 

そもそもさ、
なんで晴と音は、「明日まで待つ」ってことができないの?

だってさ、
晴にしたって、「今から告白しに行く!!!」って
わざわざ音が天馬に告白してるところに駆けつけなくたってよくない?
明日、学校で言えば良くない?
むしろそうさせて、晴から音に告白して欲しかったわ。
そしたら、音ちゃんにこんな不思議ちゃんな台詞言わせなくて済んだのに。

 
音「私と神楽木は何も始まってないよ」

 

え、音ちゃん?本当にどうしたの?
いつからそんな子になっちゃったの?
お願いだから優しい音ちゃんに戻って?

 

 

あああああ晴が!!!
もう辛い辛い。辛い…

 

 

7話。

ほらああ。晴ショック受けてんじゃん!
顔死んでるじゃん!
音ちゃんのせいだよ。
あの可愛い笑顔を返し
…ちょっとめぐりん、邪魔。

 

8話。

晴「俺、西留の彼氏(仮)になったから」


え、はると?
どうしちゃったの?
ちゃんとしなきゃって、
まだアホな妄想するくらい音のこと好きなのに、
「ちゃんと」がめぐりんと付き合うことなの?
それ、全然ちゃんとしてないよ。めぐりんに失礼だよ?
音ちゃんと同じくおかしくなっちゃったの?
あ、音ちゃんがおかしくなったから、
晴もおかしくなっちゃったの?
似た者同士だからね。
そこも合わせないとね。

まあいいや。
かき氷食べてる晴がかわいすぎるからまあ許すわ。

 

…天馬さん、目が死んでますよ?
ねえ、音ちゃん!隣で彼氏が死んでるよ!!!
晴に冗談言って遊んでる場合じゃないよ!!!!

てゆうかなんでその席に座った?

音ちゃん実は小悪魔でしょ?
不思議ちゃんじゃなくて、無自覚の小悪魔でしょ?

 

音「神楽木、めぐりんにごめんねって伝えて」

 

え、音ちゃん?
晴にありがとうは?
あんなにも熱心に弁解してくれたのに。
そこ?

音「お幸せに」

 

うわあああああ!きたよ、この小悪魔め。
ほら晴が切ない表情してるじゃん。
お願いだから早く優しい音ちゃんに戻って?
どうしちゃったの?
魔法にでもかけられちゃったの?
12時になったらちゃんととける?

 

はっ
天馬さんがもうこの世にいない目をしている!!!!
音ちゃーん!
天馬さんをよく見て?ねえ?
あら、抱きしめられて…
って君も死んだ目するのかーい!!!!!!!

 

 

はあはあ。
来週は晴と音、大丈夫かな。

それより
天馬さん息できてるかな。

 

 


晴「俺は江戸川を諦めない!!!」

 

 

????????

 

え、もうめぐりん振ったの?
晴も小悪魔だったの?
あ、似た者同士だもんね。
そうなるよね、うん。

 

うん?え?
どんなヒロインとヒーローだ?

 

 

??

????????

いやまじでよく分からなさすぎて、
来週も楽しみだわ。

「何が楽しくて生きてるの?」そう聞かれて笑うだけだった私がジャニーズファンになろうと思うまで

仕事して、休日は学校行って、勉強して、学費稼ぐためにバイトもして、そして平日になるとまた仕事して、残業して、休日出勤もして…

そんなことをずっと繰り返してきました。

私の休日は、社会人になってから、人気のアイドル並みに、ずっと0でした。

 

「何が楽しくて生きてるの?」
数年前のある日の飲み会で、
私のアイドル並みのスケジュールを知った知り合いが、
私にそう聞きました。
「あははは」
私はそう答えました。
自分の対応力の悪さに愕然としながら、ハッとしました。

私は私の時間を楽しんでいいんだ。

 

小さい時から鈍間で鈍臭かった私は
「頑張らなきゃ。もっと頑張らなきゃ。もっとみんなに置いてかれる。」
いつもそう思ってました。

遊ぶことがうまくできず、休むこともできず、
ただひたすら仕事して、勉強してきました。


楽しいってなに?
楽しむってどうやるの?
さっぱりわからないまま、
気づけば私は20代も後半になっていました。
キラキラできたはずの20代は、
キラキラできずに終わりに近づいていました。

 

 

ある日、テレビで、
いつもどおり
顔を赤くして、アイドルに黄色の声援を送っている
自分と歳の変わらない女性たちを見て思いました。

楽しそう。
めっちゃ楽しそう。
あ、楽しむってこういうこと?

 

だけど
小学生からこじらせてきた私は、男の人が苦手でした。
ジャニーズに興味を持てませんでした。

愛用のウォークマンには
女性の声の音楽しか入ってません。

私のウォークマン
弟が勝手に入れたミスチルやジャニーズや福山雅治が流れてくると、
気持ち悪くなって、イヤフォンをむしり取り、
この世の終わりなんじゃないかってくらい弟を説教するレベルで
男の人が苦手でした。

 

 

 

 

…はあ?


あのミスチル様の曲も楽しめないなんて
どんなつまらない人生だよ。
自分で自分に嫌気がさすわ。

 

自分に絶望しかしてなかった、
そのまたある日、
コウノドリ」というドラマで綾野剛が、
あまりにも優しい声で主人公を演じているので
ファンになりかけました。


あれ?
私、男の人、大丈夫かも。

 
東京タラレバ娘」で
坂口健太郎の声も良いなって思ったり、

過保護のカホコ」で
竹内涼真の声も好きになり、

 

気づいたら
ただの声フェチになってました。

 

そしたら
「花のち晴れ」で
ついにジャニーズに辿りついてしまったんです。
好きな声の持ち主は、
ジャニーズ好きの友達曰く、
平野紫耀というらしい。

なんだし、キンプリって。King & Prince?
秋元康あたりが男性アイドルのプロデュースも始めたのかな?
と本気で思ってたレベルの私に、
ジャニーズ好きの友達が色々教えてくれました。

 

テレビやYoutubeを見てると、
演技下手だわ、歌も下手だわ、ダンスもズレてるわ…


え、何それ…かわいい…

 

そう思った刹那、
よぎったんです。
顔を赤くして、アイドルに黄色の声援を送っている
自分が。

 

今の私ならできるんじゃないのか。
もうすぐ30だけど、
キラキラしても良いんじゃないか。
そもそもキラキラして良いのは若い人だけって
どんな呪いだよ。


アイドル並みのスケジュールはもう辞めて、
空いた時間を、本物のアイドルに
使ってみたら良いんじゃないだろうか。

私はもう十分頑張ってる。
そもそも私は誰と競争していたのだ?
みんなって誰だ?

 

もう良いじゃないか。
私は私の時間を楽しもう。


コンサートとか行ったり、
うちわ持ってニヤニヤしたり、
遠征したり、
うん、絶対楽しい。

 

今度、
「何が楽しくて生きてるの?」と聞かれたら、
「人を応援するのが楽しくて生きてる」
とカッコよく、満面の笑みで言える自分になりたい。

 

さあ先ずは、
愛用のウォークマンに友達からもらった、
シンデレラガールを入れよう。

 

こうして
ジャニーズ初心者ならぬ、
人生楽しむ初心者の私が誕生したのでした。

 

 

 

あなたは、
「何が楽しくて生きてるの?」に
答えられますか?